十勝・帯広のおすすめスイーツ店4選

スポンサーリンク
スポンサーリンク
十勝牧場十勝エリア

十勝は良質な食材が多く入手しやすい地理的背景がありスイーツ王国となっていますので、私が実際に食べて美味しかったおすすめスイーツ4店を紹介します。

スポンサーリンク

帯広駅周辺のスイーツ おすすめ4店

スイーツ王国と称される帯広、私もスイーツは別腹のタイプなので多くのお店で食べています。ここで紹介するお店は有名店ばかりなので改めて紹介するまでもありませんが、やっぱり美味しいので、帯広駅から徒歩で行ける範囲のお店を紹介します。

六花亭 帯広本店 おすすめは店舗限定品の3択

バターサンドで有名な六花亭ですが、せっかくの本店なので一部店舗のみの限定メニューを食べておきましょう。

おすすめは、サクサクパイ、マルセイアイスサンド、リコッタパンケーキ、の3点です(これ以外は食べたことがないので)。賞味期限は2~3時間ほど、これ以上時間が経つとサクサク感や食感が変わってしまうそうです。

六花亭アイスサンドとサクサクパイ六花亭リコッタパンケーキ

六花亭の店舗限定メニュー 出典:Rakuten Travel「マイトリップ」ウェブサイトより引用

上の写真は、マルセイアイスサンド(左)とサクサクパイ(右)、1階のイートインコーナーで無料コーヒーを飲みながら食べることができます(無料は1杯だけかもしれません)。

その次の写真がリコッタパンケーキ、生クリームとメイプルシロップが添えられています。こちらは2階の喫茶室のメニューだったと思います。

ゆるる
ゆるる

噂には聞いていました。めっちゃ楽しみです

かい
かい

もし行ったらどれを注文しますか?

ゆるる
ゆるる

もちろん全部です

かい
かい

マジか...

美味しいスイーツの陰に隠れていますが、とっても美味しいと思ったのがコーヒーです。こちらにも注目してみてください。

ちなみに、定番のマルセイバターサンドですが、私は冷凍してから食べています。

  • 営業時間:9:00~18:00 喫茶室は11:00~16:30(LO 16:00)
  • 定休日 :毎週水曜日
  • 場所は下記マップを参照してください。

柳月 大通本店 時間があれば音更町のスイートピア・ガーデンがおすすめ

三方六(さんぽうろく)で有名な柳月、普段は音更町(おとふけちょう)にあるスイートピア・ガーデンに行くので大通本店には行ったことがありません。こちらの限定品を探してみましたが、「ばんえい十勝」チョコくらいしか見つかりませんでした。

時間がある方はスイートピア・ガーデンに行ってみてください。駐車場も広く、スイーツの種類も豊富で工場見学もできますし、50席あるガーデンカフェに入れば無料コーヒーを飲むこともできます。(工場は稼働していない時もあります)

柳月スイートピアガーデン外観

出典:柳月スイートピア・ガーデンウェブサイトより引用

私はケーキ類を何種類か食べていますが詳細忘れてしまいました。

こちらのもう一つの売りが、三方六の端っこ。左下のような感じで製造され、順次カットされて小分けになります。この円柱状の両端は通常の商品にはなりませんが、4~5枚(1kgほど)が袋に入り三方六のお買い得品として販売されます。

価格は500円ほどでめっちゃお得ですが、やっぱり大人気なので遅くとも開店時間9:00の30分前までには並ぶ必要があるようです。運が良ければ製造の関係で日中に販売されることもあるとか。
私は旅行中に1kgもの三方六を買っても食べきれないので並んだことはありません。

三方六の製造三方六の小分け

柳月の三方六 出典:柳月ウェブサイトより引用

三方六を食べてみたい方は下記リンクを見てみてください。種類や個数は色々ありますが、コスパが良い「小割10本入り」を例として紹介します。小割とは、食べ切りサイズにカットされて梱包されたものです。価格は送料無料で1,650円ほど。三方六以外の商品もたくさんありますよ。

柳月のオンラインショップもありますが、北海道外だと送料が1,000円かかってしまいますので、下記のショップをおすすめします。

楽天市場の場合は下記の「三方六の小割 10本入」をチェックして見てください。


三方六の小割 10本入 メール便 送料無料 北海道産 柳月 バウムクーヘン チョコレート

AmazonYahoo!ショッピングの場合は下記の「北海道の素材たっぷり 柳月 三方六の小割 10本入」をチェックしてみてください。

  • 営業時間:9:00~18:00(冬季は17:00まで)
    喫茶室は:9:00~17:00(冬季は16:00まで)
  • 定休日 :無休

クランベリー本店 スイートポテトが絶品

クランベリーの代表的な商品はスイートポテト、私もこれしか食べたことがありません。
お店のウェブサイトによると、『素材の良さをそのままに、過剰な手を加えず、さつまいもの風味を生かして丹念に仕上げています』ということで、私もこの香りが大好きです。

クランベリーのスイートポテト

クランベリーのスイートポテト 出典:クランベリーウェブサイトより引用

こちらのスイートポテト、容器はさつまいもの皮だそうで、さつまいもをそのまま焼いた感じが出ています。

価格は量り売りで100gあたり232円(税込み)。店頭には様々な大きさがあり好みのサイズを選べますが、あまり小さいものは無かった気がします。
通販も行っていて、その場合は1,200~1,500円ということです。

  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日 :無休
  • 場所は下記マップを参照してください。

ますやパン 満寿屋本店

十勝のパン屋さんなんて絶対美味しいでしょ?とハードルを上げつつたまたま入ったお店です。会社の名称としては(株)満寿屋(ますや)商店。

4種類くらいのパンを買ってみましたが、どれもめっちゃうま!ということで取り上げました。私が行ったのは本店と音更店です。

ますやパンボヌール

ボヌール 出典:満寿屋商店「店舗情報」ウェブサイトより引用

こちらのこだわりは、100%十勝産小麦を使用することだそうです。道内には帯広を中心に6店舗ありますが、それぞれのお店によって異なるテーマでパンを作っており、商品も様々なようで、店名も異なっています。

ますやパントラントラン

トラントラン 出典:満寿屋商店「店舗情報」ウェブサイトより引用

ウェブサイトによると、各店舗の特徴は次のようになっています。

  • 満寿屋本店 昔懐かしいあんパンやクリームパンが人気。
  • ボヌール 揚げたてドーナツや作りたてのサンドイッチが人気。イートインもある。
  • オトフケ パン屋さんのミックスピザやご当地パンがおすすめ。
  • トラントラン 十勝産のあすなろ牛乳・練乳を使ったパンが特徴で限定品も多い。
  • めむろ窯 ピッツェリアとしての設備の充実・専用石窯を設置して十勝ピッツァと上品なパンをラインナップした、全く新しいカタチのピッツァのレストラン。
  • 麦音 石窯で焼いたピザ、揚げたてのドーナツ、焼きたてのパンを常時120種以上あり、カフェスペースやテラスで食べることも可能。

ますやパン麦音

麦音 出典:満寿屋商店「店舗情報」ウェブサイトより引用
  • 営業時間:店舗や曜日によって異なります。
  • 定休日 :年末年始以外無休ですが、めむろ窯は月木が定休日です。
  • 場所は下記マップを参照してください。
スポンサーリンク

まとめ

  • 十勝はスイーツ王国、まずは定番のお店で食べてみましょう。
  • 六花亭帯広本店 おすすめは店舗限定品の3択(全部食べるのもOK)。
    サクサクパイ、マルセイアイスサンド、リコッタパンケーキ
  • 柳月 三方六 時間があれば音更町のスイートピア・ガーデンがおすすめ。
  • クランベリー本店 スイートポテトが絶品。
  • ますやパン 帯広周辺の6店舗それぞれ特徴があり商品も異なります。好みの応じて行ってみましょう。全部行くのもあり。

タイトルとURLをコピーしました